【パワープロジェクトブログ ときどきワイン】 - 2016/12

パワープロジェクト ときどきグルメ・ワイン




2016年12月30日(Fri)▲ページの先頭へ
ドル・円116円27銭まで下落、米長期金利低下でドル売り継続
「ドル・円116円27銭まで下落、米長期金利低下でドル売り継続」

●29日のNY外為市場概況

29日のニューヨーク外為市場でドル・円は、116円87銭から116円27銭まで下落
し、116円54銭で引けた。欧州株が大方下げて終わり、米株も下落に転じ、米
国10年債利回りが一時2.45%台に低下したことで、ドル売り・円買いが優勢に
なった。

ユーロ・ドルは1.0446ドルから1.0494ドルまで上昇し、1.0490ドルで引けた。
対ポンドでのユーロ買いも波及した。
ユーロ・円は121円94銭まで下落した後、122円38銭まで上昇した。

ポンド・ドルは1.2220ドルまで下落した後、1.2270ドルまで上昇。
ドル・スイスフランは1.0255フランから1.0207フランまで下落した。

豪ドル・円は83円80銭から84円21銭で推移し、84円12銭近辺で引けた。

NZドル・円は、80円76銭から81円21銭で推移し、81円14銭近辺で引けた。

カナダドル・円は、86円02銭から86円47銭で推移し、86円32銭近辺で引けた。



●予想レンジ

ドル・円:116円00銭-117円00銭 ・ユーロ・円:122円30銭-123円00銭







●本日のスケジュール

<国内>
・14:00 基調的なインフレ率を捕捉するための指標(日本銀行)
・15:00 東京証券取引所大納会
・19:00 外国為替平衡操作の状況(11月29日-12月28日)

<海外>
・時間未定 中・7-9月期経常収支確定値
・23:45 米・12月シカゴ購買部協会景気指数(予想:56.8、11月:57.6)

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2016年12月29日(Thu)▲ページの先頭へ
ドル・円は一時117円06銭、米長期金利低下受けてドル売り
「ドル・円は一時117円06銭、米長期金利低下受けてドル売り」

●28日のNY外為市場概況

28日のニューヨーク外為市場でドル・円は、117円80銭から117円06銭まで下落し、117円26銭で引けた。この日発表の米国の11月中古住宅販売成約指数が予想外かつ大幅に落ち込み、財務省の5年債入札が好調だったことで、10年債利回りが2.50%台まで低下し、ドル売りが優勢になった。

ユーロ・ドルは1.0372ドルまで下落した後、1.0419ドルまで上昇し、1.0413ドルで引けた。対ポンドでのユーロ売りが一時波及した。
ユーロ・円は122円45銭から121円84銭まで下落。円買いが優勢になった。

ポンド・ドルは1.2201ドルまで下落した後、一時1.2241ドルまで上昇。
ドル・スイスフランは1.0321フランから1.0279フランまで下落した。

豪ドル・円は84円74銭から84円02銭まで下落し、84円16銭近辺で引けた。

NZドル・円は、81円51銭から80円92銭で推移し、81円06銭近辺で引けた。

カナダドル・円は、86円81銭から86円40銭で推移し、86円47銭近辺で引けた。



●予想レンジ

ドル・円:116円50銭-117円50銭 ・ユーロ・円:121円50銭-122円50銭

いま話題のフルオートなら24時間稼いでくれます









●本日のスケジュール

<国内>
・08:50 11月鉱工業生産速報値(前月比予想:+1.7%、10月:0.0%)

<海外>
・18:30 英・11月銀行協会住宅ローン承認件数(予想:41400件、10月:40851件)
・24:00 米・11月中古住宅販売成約指数(前月比予想:+0.5%、10月:+0.1%)
・24:30 米・12月ダラス連銀製造業活動指数(予想:10.2、11月:10.2)
・01:00 米エネルギー情報局(EIA)の週報(週次石油在庫統計)

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2016年12月22日(Thu)▲ページの先頭へ
GMOクリック証券
取扱い高世界一!FXもCFDも







writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
マネースクェアジャパン M2J





writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
ドル・円は反発、米11月中古住宅販売件数の増加を好感
「ドル・円は反発、米11月中古住宅販売件数の増加を好感」

●21日のNY外為市場概況

21日のニューヨーク外為市場でドル・円は、117円13銭から117円87銭まで上昇し117円53銭で引けた。米11月中古住宅販売件数が予想外に前月から増加し、2007年2月来の高水準に回復したことを好感し、ドル買いが再燃した。

ユーロ・ドルは、1.0418ドルから1.0451ドルまで上昇して1.0425ドルで引けた。
ユーロ圏の12月消費者信頼感指数が予想以上に改善したほか、イタリア上院が銀行支援のため債務を200億ユーロ拡大する政府の要請を承認したとの報道を受けてイタリアの金融システムの安定性への懸念が後退。ユーロ・円は、122円20銭から122円87銭まで上昇。

ポンド・ドルは、1.2391ドルへ上昇後、1.2336ドルへ反落した。

ドル・スイスは、1.0227フランへ下落後、1.0269フランへ反発した。

豪ドル・円は85円08銭から85円36銭で推移し、85円11銭近辺で引けた。

NZドル・円は、81円35銭から81円04銭で推移し、81円05銭近辺で引けた。

カナダドル・円は、88円00銭から87円58銭で推移し、87円68銭近辺で引けた。



●予想レンジ

ドル・円:117円00銭-118円00銭 ・ユーロ・円:122円00銭-123円00銭








●本日のスケジュール

<国内>
・08:50 先週分対外・対内証券投資

<海外>
・18:00 欧州中央銀行(ECB)経済報告
・22:30 米・11月耐久財受注速報値(前月比予想:-4.9%、10月:+4.6%)
・22:30 米・7-9月期GDP確定値(前期比年率予想:+3.3%、改定値:+3.2%)
・22:30 米・先週分新規失業保険申請件数(予想:25.7万件、前回:25.4万件)
・22:30 米・11月シカゴ連銀全米活動指数(予想:-0.10、10月:-0.08)
・22:30 カナダ・11月消費者物価指数(前年比予想:+1.4%、10月:+1.5%)
・22:30 カナダ・10月小売売上高(前月比予想:+0.3%、9月:+0.6%)
・23:00 米・10月FHFA住宅価格指数(前月比予想:+0.5%、9月:+0.6%)
・24:00 米・11月個人所得(前月比予想:+0.3%、10月:+0.6%)
・24:00 米・11月個人消費支出(前月比予想:+0.3%、10月:+0.3%)
・24:00 米・11月コアPCE価格指数(前年比予想:+1.7%、10月:+1.7%)
・24:00 米・11月景気先行指数(前月比予想:+0.1%、10月:+0.1%)

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2016年12月21日(Wed)▲ページの先頭へ
米債利回りの上げ幅縮小でドルはやや伸び悩む
「米債利回りの上げ幅縮小でドルはやや伸び悩む」

●20日のNY外為市場概況

20日のニューヨーク外為市場でドル・円は、118円21銭から117円66銭へ下落して117円86銭で引けた。米国債利回りの上昇が一段落し、ドルも高値から利食い売りが優勢となった。

ユーロ・ドルは、1.0354ドルから1.0408ドルまで反発して1.0390ドルで引けた。
14年ぶりの安値を更新後、利食いが優勢となった。しかし、イタリアのモンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行が年末までに資本増強する計画を実現することが困難との懸念に上値も限定的。ユーロ・円は、122円62銭まで上昇後、122円30銭まで反落。

ポンド・ドルは、1.2313ドルまで下落後、1.2371ドルへ反発した。英国の欧州連合(EU)離脱に向けた懸念にポンド売りが優勢となった。

ドル・スイスは、1.0321フランへ上昇後、1.0273フランへ反落した。

豪ドル・円は85円64銭から85円19銭で推移し、85円55銭近辺で引けた。

NZドル・円は、81円26銭から81円73銭まで推移し、81円49銭近辺で引けた。

カナダドル・円は、88円28銭から87円80銭で推移し、88円16銭近辺で引けた。



●予想レンジ

ドル・円:117円40銭-118円40銭 ・ユーロ・円:122円00銭-123円00銭








●本日のスケジュール

<国内>
・13:30 10月全産業活動指数(前月比予想:+0.1%、9月:+0.2%)

<海外>
・18:30 英・11月公共部門純借入額(銀行部門除く)
    (予想:+122億ポンド、10月:+48億ポンド)
・21:00 米・MBA住宅ローン申請指数(先週)(前回:-4.0%)
・24:00 米・11月中古住宅販売件数(予想:550万戸、10月:560万戸)
・24:00 ユーロ圏・12月消費者信頼感指数速報値(予想:-6.0、11月:-6.1)

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
じゃらんnet





writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
ビットコインとは
よくビットコインは「暗号通貨」と言われるが、それは実際に通貨のように使えるから便宜上そう呼んでいるに過ぎない。そして、お偉い学者さんの間でも、いまだにビットコインが通貨であるかどうかの議論が続いている。

実際あなたが日本で使う電子マネーも、同じ決済システムの一種である。その場合はあなたがチャージすると、現金と等価交換でその金額が残高としてどこかに記録され、コンビニで使えばコンビニにその残高が移行したとして記録される。どこかにEdyやSuicaなんていうコインが置いてあるわけではない。

繰り返しになるが、ビットコインも「Bitcoin」というコインが存在していて、誰かがそれを管理しているなんてわけではない。ビットコインはお金ではなく、決済システムだと言うことをまず覚えておこう。

「ビットコインも現金で買うんじゃないの?」という問いへの答えは「イエス」だが、それはあくまでも勝手に第三者が現在のバリューで売買するサービスを提供しているだけだ。だからビットコインは常時価格が変動する。それに対して一般的な電子マネーは、サービス運営者がその買い取り自体を手数料ビジネスとしている。上のコンビニの例で言えば、客から支払われた電子マネーを、手数料を差し引いて買い戻す訳である。

しかし、ビットコインはEdyやSuicaみたいな電子マネーとは「全く違う」。根本的な思想からして違うのだ。







ビットコインでは、公開された2009年から毎日ほぼ10分ごとに発行されているが、およそ4年ごとにその発行量が半減し、合計2,100万ビットコインを上限とすることが最初から決まっている。



2015年3月時点で既にもうその半数以上が発行されているが、また2年後である2017年に発行量が半減する。

次第にその発行量は少なくなり、ビットコイン自体の価値が陳腐化しないように計算されている。

日本円や米ドルのように、中央管理する誰かが発行量や流通量を決めて価値をコントロールしているわけではなく、ビットコインは最初からこの先どのように発行されていくかが明記されているという、極めて「透明性が高く」、健全な仕組みなのだ。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
楽天トラベル



writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2016年12月20日(Tue)▲ページの先頭へ
テロ事件発生などを嫌気してドル弱含み
「テロ事件発生などを嫌気してドル弱含み」

●19日のNY外為市場概況

19日のニューヨーク外為市場でドル・円は、116円55銭まで下落後、117円39銭へ反発して117円09銭で引けた。米国の12月サービス業PMI速報値が予想外に11月から低下、また、トルコでのロシア大使暗殺事件を受けて米国債券利回り低下に伴うドル売り、リスク回避の円買いが強まった。
その後、イエレンFRB議長が米ボルチモア大学での演説で、米国の労働市場への自信を再表明したほか、経済の改善で多くの国民の生活水準が引き上げられたと楽観的な見解を示したため、債券利回りは下げ止まり、ドル買いが再燃した。ただ、ドイツでもベルリンの市場でトラックを利用したテロ事件が発生したことで、ドルは伸び悩んだ。

ユーロ・ドルは、1.0452ドルから1.0393ドルまで下落して1.0402ドルで引けた。
ドイツでのテロと見られる報道でユーロ売りに一段と拍車がかかった。
ユーロ・円は、122円35銭から121円68銭まで下落。

ポンド・ドルは、1.2356ドルまで下落後、1.2427ドルへ反発した。

ドル・スイスは、1.0283フランへ上昇後、1.0221フランへ下落した。

豪ドル・円は85円22銭から84円65銭で推移し、84円86銭近辺で引けた。

NZドル・円は、81円40銭から80円99銭まで下落し、81円15銭近辺で引けた。

カナダドル・円は、88円02銭から86円97銭まで下落し、87円36銭近辺で引けた。



●予想レンジ

ドル・円:116円50銭-118円00銭 ・ユーロ・円:121円50銭-123円00銭

フルオートなら








●本日のスケジュール

<国内>
・日銀金融政策決定会合(2日目)
・15:30 黒田日銀総裁会見

<海外>
・09:30 豪準備銀行12月理事会議事要旨
・16:00 スイス・11月貿易収支(予想:+35.6億フラン、10月:+26.8億フラン)
・16:00 独・11月生産者物価指数(前年比予想:-0.2%、10月:-0.4%)
・18:00 ユーロ圏・10月経常収支(9月:+298億ユーロ)

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2016年12月19日(Mon)▲ページの先頭へ
ポイントタウンで楽天ポイント(Edy)裏ワザ
こつこつポイントゲームはランクが上がるとより稼げるようになるので、サービス・ショッピングを利用する人はさらに有利です。

友達紹介は最高の条件なので、友達紹介で稼ぎたい人には絶対不可欠なポイントサイトです。うまくやればポイントタウンだけで月数十万円稼ぐことも可能ですので、とにかくまずはポイントタウンを使い倒して研究しましょう。

↓ここから無料登録で500ptもらえます

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン





writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
地政学的リスク増大の懸念でドル伸び悩み
「地政学的リスク増大の懸念でドル伸び悩み」

●16日のNY外為市場概況

16日のニューヨーク外為市場でドル・円は、118円41銭まで上昇後、117円47銭
へ反落し、117円98銭で引けた。米11月住宅着工件数が予想を下回ったほか、
「中国海軍が南シナ海の国際水域において米国の水中ドローンを奪取した」と、
メディアが報じたため、米中関係の緊迫化懸念が広がり一時ドル売り、円買い
が加速。その後、ラッカー米リッチモンド地区連銀総裁が2017年に3回以上の
利上げを予想していると言及、米国の利上げ加速の思惑を受けたドル買いが再
燃した。

ユーロ・ドルは、1.0401ドルまで下落後、1.0474ドルまで反発し1.0452ドルで
引けた。
ユーロ・円は、123円49銭から122円84銭まで下落。

ポンド・ドルは、1.2404ドルから1.2509ドルへ上昇した。

ドル・スイスは、1.0312フランから1.0242フランへ下落した。

豪ドル・円は86円91銭から85円77銭で推移し、86円11銭近辺で引けた。

NZドル・円は、83円12銭から81円95銭まで下落し、82円13銭近辺で引けた。

カナダドル・円は、88円64銭から88円03銭まで下落し、88円44銭近辺で引けた。



●予想レンジ

ドル・円:117円50銭-118円50銭 ・ユーロ・円:122円70銭-123円70銭








●本日のスケジュール

<国内>
・08:50 11月貿易収支(予想:+2048億円、10月:+4960億円)
・10:30 国債投資家懇談会
・14:00 日本銀行金融政策決定会合(1日目)

<海外>
・18:00 独・12月IFO景況感指数(予想:110.6、11月:110.4)
・23:45 米・12月マークイットサービス業PMI(予想:55.2、11月:54.6)

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2016年12月16日(Fri)▲ページの先頭へ
ちょびリッチでTポイント裏ワザ
アンケートに答えたり

毎日ガチャ・ゲームでポイントが貯まる

Tポイントや 楽天ポイントに ポイント交換できる

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ




writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
ドル全面高の展開、ドル・円は一時118円66銭
「ドル全面高の展開、ドル・円は一時118円66銭」

●15日のNY外為市場概況

15日のニューヨーク外為市場でドル・円は、117円66銭へ下落後、118円64銭まで上昇して、118円18銭で引けた。11月米消費者物価コア指数が予想に反して10月と同水準にとどまり、債券利回りの上昇は一段落したためドルが伸び悩んだ。その後、押し目からは来年の速やかなペースでの米利上げを織り込むドル買い意欲も強く下値が支えられたほか、米12月フィラデルフィア連銀製造業景況指数が2年ぶり、米12月NAHB住宅市場指数が11年ぶりの高水準に達するなど良好な結果を好感したドル買いが再燃。

ユーロ・ドルは、1.0448ドルから1.0367ドルまで下落し1.0413ドルで引けた。
欧米金利差の拡大観測にユーロ売り・ドル買いが継続した。
ユーロ・円は、123円53銭へ上昇後、122円57銭へ反落。

ポンド・ドルは、1.2498ドルから1.2376ドルへ下落した。英国中央銀行が金融政策決定会合で、政策金利や資産購入規模を現行で維持、どちらの方向でも必要であれば行動する用意があるとしたことを受けたポンド売り・ドル買いが続いた。

ドル・スイスは、1.0281フランから1.0344フランへ上昇した。スイス国立銀行
が政策手段として引き続き介入を継続していく方針を示した。

豪ドル・円は86円66銭から87円34銭で推移し、86円97銭近辺で引けた。

NZドル・円は、82円83銭から83円54銭で推移し、83円20銭近辺で引けた。

カナダドル・円は、88円08銭から88円68銭で推移し、88円62銭近辺で引けた。



●予想レンジ

ドル・円:117円80銭-118円80銭 ・ユーロ・円:122円70銭-123円70銭









●本日のスケジュール

<国内>
・日ロ首脳会談、共同会見

<海外>
・19:00 ユーロ圏・11月消費者物価指数改定値
    (前年比予想:+0.6%、速報値:+0.6%)
・19:00 ユーロ圏・10月貿易収支(予想:+290億ユーロ、9月:+265億ユーロ)
・22:30 米・11月住宅着工件数(予想:123.0万戸、10月:132.3万戸)
・22:30 米・11月住宅建設許可件数(予想:124.0万戸、10月:修正値126.0万戸)
・02:30 ラッカー米リッチモンド連銀総裁講演

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2016年12月15日(Thu)▲ページの先頭へ
ちょびリッチ
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ



writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
ローテーション





writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
SBIFXトレード







writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
米金利見通し引き上げでドル急騰
「米金利見通し引き上げでドル急騰」

●14日のNY外為市場概況

14日のニューヨーク外為市場でドル・円は、114円77銭へ下落後、117円39銭まで上昇し、117円05銭で引けた。朝方は、予想を下回った11月の米小売売上高に失望したドル売りが優勢となった。その後、連邦公開市場委員会(FOMC)で追加利上げが決定されたほか、経済成長や金利見通しが引き上げられたため、
来年の速やかな利上げを織り込むドル買いに拍車がかかった。

ユーロ・ドルは、1.0670ドルから1.0497ドルまで下落し、1.0538ドルで引けた。
欧米金利差の拡大観測でユーロ売り・ドル買いが加速した。
ユーロ・円は、122円19銭から123円42銭まで上昇した。ドル高・円安の進行に連れて対円でユーロは上昇した。

ポンド・ドルは、1.2722ドルから1.2531ドルまで下落した。

ドル・スイスは、1.0084フランから1.0223フランまで急伸した。

豪ドル・円は86円30銭から86円88銭で推移し、86円83銭近辺で引けた。

NZドル・円は、82円96銭から83円45銭で推移し、83円39銭近辺で引けた。

カナダドル・円は、87円44銭から88円36銭で推移し、88円12銭近辺で引けた。



●予想レンジ

ドル・円:116円80銭-117円80銭 ・ユーロ・円:122円80銭-123円80銭









●本日のスケジュール

<国内>
・12:45 20年国債入札の結果発表
・日ロ首脳会談

<海外>
・09:30 豪・11月失業率(予想:5.6%、10月:5.6%)
・09:30 豪・11月雇用者数増減(予想:+1.75万人、10月:+1.09万人)
・17:30 独・12月製造業PMI速報値(予想:54.5、11月:54.3)
・17:30 独・12月サービス業PMI速報値(予想:54.9、11月:55.1)
・17:30 独・12月総合PMI速報値(予想:54.9、11月:55.0)
・17:30 スイス中銀が金融政策発表(政策金利-0.75%に据え置き予想)
・18:00 ユーロ圏・12月製造業PMI速報値(予想:53.7、11月:53.7)
・18:00 ユーロ圏・12月サービス業PMI速報値(予想:53.8、11月:53.8)
・18:00 ユーロ圏・12月総合PMI速報値(予想:53.9、11月:53.9)
・18:30 英・11月小売売上高(自動車燃料含む)
    (前月比予想:0.0%、10月:+1.9%)
・21:00 英中銀が金融政策発表(政策金利0.25%に据え置き予想)
・22:30 米・11月消費者物価指数(前年比予想:+1.7%、10月:+1.6%)
・22:30 米・12月フィラデルフィア連銀製造業景況指数
    (予想:9.1、11月:7.6)
・22:30 米・12月NY連銀製造業景気指数(予想:4.0、11月:1.5)
・22:30 米・先週分新規失業保険申請件数(予想:25.5万件、前回:25.8万件)
・22:30 米・7-9月期経常収支(予想:-1116億ドル、4-6月期:-1199億ドル)
・23:45 米・12月製造業PMI速報値(予想:54.5、11月:54.1)
・24:00 米・12月NAHB住宅市場指数(予想:63、11月:63)
・06:00 米・10月対米証券投資収支(9月:ネット長期有価証券-262億ドル)
・EU首脳会議(16日まで)・04:30 イエレン米FRB議長会見

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2016年12月14日(Wed)▲ページの先頭へ
ドルは115円台前半でもみあい、米FOMC会合前で様子見姿勢
「ドルは115円台前半でもみあい、米FOMC会合前で様子見姿勢」

●13日のNY外為市場概況

13日のニューヨーク外為市場でドル・円は、114円97銭から115円35銭へ上昇して、115円18銭で引けた。米11月輸入物価指数が予想を上回ったほか、株式相場の上昇を好感したリスク選好のドル買い・円売りが優勢となったものの連邦公開市場委員会(FOMC)の結果公表を明日に控えて上昇も限定的となった。

ユーロ・ドルは、1.0605ドルから1.0667ドルまで上昇し1.0627ドルで引けた。
マクチ・スロバキア中銀総裁やハンソン・エストニア中央銀行総裁が「インフレ見通しの改善でECBは月額の資産購入額を減額、歓迎すべき」との見解を示したためユーロ売りが後退。
ユーロ・円は、122円16銭から122円80銭へ上昇。

ポンド・ドルは、1.2728ドルへ上昇後、1.2654ドルへ反落した。英国のインフ
レ率が2年ぶりの高水準に達したことを受けたポンド買いが強まったのち、
ロンドン引けにかけて利食い売りに拍車がかかった。

ドル・スイスは、1.0101フランへ下落後、1.0131フランへ反発した。

豪ドル・円は86円30銭から86円59銭で推移し、86円33銭近辺で引けた。

NZドル・円は、82円86銭から83円24銭で推移し、82円96銭近辺で引けた。

カナダドル・円は、87円64銭から88円01銭で推移し、87円69銭近辺で引けた。



●予想レンジ

ドル・円:114円80銭-115円80銭 ・ユーロ・円:122円00銭-123円00銭

フルオートなら







●本日のスケジュール

<国内>
・08:50 12月調査日銀短観・業況判断大企業製造業(予想:10、前回:6)
・08:50 12月調査日銀短観・業況判断大企業非製造業(予想:19、前回:18)
・13:30 10月鉱工業生産確報(速報:前月比+0.1%)

<海外>
・18:30 英・8-10月ILO失業率(予想:4.8%、7-9月:4.8%)
・19:00 ユーロ圏・10月鉱工業生産(前月比予想:+0.1%、9月:-0.8%)
・22:30 米・11月小売売上高(前月比予想:+0.3%、10月:+0.8%)
・22:30 米・11月生産者物価指数(前月比予想:+0.1%、10月:0.0%)
・23:15 米・11月鉱工業生産(前月比予想:-0.2%、10月:0.0%)
・23:15 米・11月設備稼働率(予想:75.1%、10月:75.3%)
・24:00 米・10月企業在庫(前月比予想:-0.1%、9月:+0.1%)
・04:00 米連邦公開市場委員会(FOMC)が声明・経済見通し発表
    (政策金利は0.25ポイント引き上げ予想)
・04:30 イエレン米FRB議長会見

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2016年12月13日(Tue)▲ページの先頭へ
米長期金利の上昇一服を意識してドルは115円割れ
「米長期金利の上昇一服を意識してドルは115円割れ」

●12日のNY外為市場概況

12日のニューヨーク外為市場でドル・円は、115円84銭から114円85銭へ下落して、115円10銭で引けた。米国債券利回りが伸び悩んだためドルも高値から下落した。
ユーロ・ドルは、1.0591ドルから1.0652ドルまで上昇し1.0640ドルで引けた。
イタリアのジェンティローニ新首相が率いる内閣が発足、政局不安が緩和しユーロのショートカバーが優勢となった。
ユーロ・円は、122円75銭から122円24銭へ下落。

ポンド・ドルは、1.2621ドルから1.2700ドルへ上昇した。

ドル・スイスは、1.0170フランから1.0124フランへ下落した。

豪ドル・円は86円10銭から86円62銭で推移し、86円22銭近辺で引けた。

NZドル・円は、82円60銭から83円11銭で推移し、82円70銭近辺で引けた。

カナダドル・円は、87円43銭から88円18銭で推移し、87円61銭近辺で引けた。



●予想レンジ

ドル・円:114円50銭-115円50銭 ・ユーロ・円:121円80銭-122円80銭

フルオートなら








●本日のスケジュール

<国内>
・12:45 5年国債入札

<海外>
・11:00 中・11月鉱工業生産指数(前年比予想:+6.1%、10月:+6.1%)
・11:00 中・11月小売売上高(前年比予想:+10.2%、10月:+10.0%)
・16:00 独・11月消費者物価指数改定値(前年比予想:+0.8%、速報値:+0.8%)
・18:30 英・11月消費者物価指数(前年比予想:+1.1%、10月:+0.9%)
・18:30 英・11月生産者物価指数・産出(前年比予想:+2.5%、10月:+2.1%)
・19:00 独・12月ZEW景気期待指数(予想:14.0、11月:13.8)
・21:00 米・MBA住宅ローン申請指数(先週)(前回:-0.7%)
・22:30 米・11月輸入物価指数(前月比予想:-0.4%、10月:+0.5%)
・03:00 米財務省30年債入札(120億ドル、リオープン)
・米連邦公開市場委員会(FOMC)(14日まで)

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2016年12月12日(Mon)▲ページの先頭へ
ドルは10カ月ぶりの115円台、景況感改善や株高が好感される
「ドルは10カ月ぶりの115円台、景況感改善や株高が好感される」

●9日のNY外為市場概況

9日のニューヨーク外為市場でドル・円は、114円62銭へ弱含んだのち、115円37銭へ上昇し、115円32銭で引けた。関係筋の話として、欧州中央銀行(ECB)が経営難に陥っているイタリア3位のモンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行(モンテ・パスキ)からの増資延期の要請を拒否したとの報道を受けて、イタリア金融市場への懸念に一時リスク回避の動きが強まった。その後、米国の12月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値がほぼ2年ぶりの高水準に改善したことを好感し、ドル買い・円売りが再燃。

ユーロ・ドルは、1.0581ドルから1.0531ドルまで下落し1.0557ドルで引けた。
イタリアの政局、金融不安にユーロ売りが継続した。
ユーロ・円は、121円20銭へ下落後、121円76銭へ反発。

ポンド・ドルは、1.2595ドルから1.2553ドルへ下落した。

ドル・スイスは、1.0214フランへ上昇後、1.0171フランへ反落した。

豪ドル・円は85円68銭から86円02銭で推移し、85円92銭近辺で引けた。

NZドル・円は、82円17銭から82円6銭で推移し、82円33銭近辺で引けた。

カナダドル・円は、87円07銭から87円59銭で推移し、87円51銭近辺で引けた。



●予想レンジ

ドル・円:115円00銭-116円00銭、ユーロ・円:121円20銭-122円20銭








●本日のスケジュール

<国内>
・08:50 10月機械受注(前月比予想:+1.1%、9月:-3.3%)
・08:50 11月国内企業物価指数(前年比予想:-2.3%、10月:-2.7%)
・13:30 10月第3次産業活動指数(前月比予想:+0.3%、9月:-0.1%)

<海外>
・16:00 トルコ・7-9月期国内総生産(前年比予想:+0.3%、4-6月期:+3.1%)
・18:30 欧州連合(EU)外相会議
・04:00 米・11月財政収支(予想:-1300億ドル)

本日の機械受注もこなし日経平均も上昇中
CFDもできるDMM







writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2016年12月09日(Fri)▲ページの先頭へ
ECBによるQE長期化観測でユーロ反落
「ECBによるQE長期化観測でユーロ反落」

●8日のNY外為市場概況

8日のニューヨーク外為市場でドル・円は、114円38銭まで上昇後、113円79銭へ反落し、114円02銭前後で引けた。ドラギECB総裁の会見を受けてユーロ・円に絡んだ買いが下値を支え、米国債券利回りの上昇や株式相場の上昇に連れてドル買い・円売りが強まった。

ユーロ・ドルは、1.0766ドルから1.0598ドルまで下落し1.0615ドルで引けた。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は定例理事会後の会見で、2019年のインフレ見通しが目標水準に達せず、刺激策を終了するには程遠いと警告。「QEはある意味無期限、無制限」と、長期にわたり量的緩和(QE)を維持する方針を示したためユーロ売りに拍車がかかり下落に転じた。

ECBは市場の予想通り金融政策を据え置いたが、資産購入プログラムを現行2017年3月から 2017年12月まで9か月延長する一方で、規模は4月から現行の各月800億ユーロから600億ユーロに減額することを発表したため、一時ユーロが急伸した。ユーロ・円は、122円67銭から120円92銭へ下落。

ポンド・ドルは、1.2674ドルから1.2549ドルへ下落した。

ドル・スイスは、1.0080フランから1.0178フランへ上昇した。

豪ドル・円は84円79銭から85円24銭で推移し、85円10銭近辺で引けた。

NZドル・円は、81円63銭から82円01銭で推移し、81円81銭近辺で引けた。

カナダドル・円は、86円09銭から86円53銭で推移し、86円44銭近辺で引けた。



●予想レンジ

ドル・円:113円60銭-114円60銭、ユーロ・円:120円50銭-121円50銭








●本日のスケジュール

<国内>
・08:50 10-12月期法人企業景気予測調査・大企業全産業
    (7-9月期:前期比+1.9%)

<海外>
・10:30 中・11月消費者物価指数(前年比予想:+2.2%、10月:+2.1%)
・10:30 中・11月生産者物価指数(前年比予想:+2.3%、10月:+1.2%)
・15:45 スイス・11月失業率(季調済)(予想:3.3%、10月:3.3%)
・16:00 独・10月貿易収支(予想:+220億ユーロ、9月:+242億ユーロ)
・18:30 英・10月貿易収支(予想:-118.00億ポンド、9月:-126.98億ポンド)
・24:00 米・12月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値
    (予想:94.5、11月:93.8)
・24:00 米・10月卸売在庫改定値(前月比予想:-0.4%、速報値:-0.4%)

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2016年12月08日(Thu)▲ページの先頭へ
米長期金利低下でドルは上げ渋る
「米長期金利低下でドルは上げ渋る」

●7日のNY外為市場概況

7日のニューヨーク外為市場でドル・円は、114円12銭から113円42銭へ下落後、
113円76銭で引けた。NY原油価格の続落や債券利回りの低下に伴うドル売り・
円買いが優勢となった。その後、株式相場の上昇に連れたリスク選好の円売り
に下値が支えられた。

ユーロ・ドルは、1.0726ドルから1.0768ドルへ上昇し1.0752ドルで引けた。
ユーロ・ポンド絡みの買いが優勢となった。
ユーロ・円は、122円03銭へ下落後、122円54銭へ反発。

ポンド・ドルは、1.2570ドルへ下落後、1.2628ドルへ上昇した。英国の低調な
経済指標を受けたポンド売りが継続。

ドル・スイスは、1.0105フランから1.0066フランへ下落した。

豪ドル・円は84円84銭から85円12銭で推移し、85円10銭近辺で引けた。

NZドル・円は、81円22銭から81円62銭で推移し、81円58銭近辺で引けた。

カナダドル・円は、85円61銭から86円14銭で推移し、85円95銭近辺で引けた。

先月1ケ月で約94000円は美味しい自動売買







●予想レンジ

ドル・円:113円20銭-114円20銭、ユーロ・円:121円70銭-122円70銭



●本日のスケジュール

<国内>
・08:50 7-9月期GDP2次速報(前期比年率予想:+2.3%、1次速報:+2.2%)
・08:50 10月経常収支(予想:+1兆5450億円、9月:+1兆8210億円)
・14:00 11月景気ウォッチャー調査・現状(10月:46.2)
・18:05 黒田日銀総裁が年末エコノミスト懇親会であいさつ

<海外>
・時間未定 中・11月輸出(前年比予想:-5.0%、10月:-7.3%)
・時間未定 中・11月輸入(前年比予想:-1.9%、10月:-1.4%)
・09:30 豪・10月貿易収支(予想:-6.10億豪ドル、9月:-12.27億豪ドル)
・21:45 欧州中央銀行(ECB)が政策金利発表(主要金利0.00%に据え置き予想)
・22:30 ドラギECB総裁会見
・22:30 米・先週分新規失業保険申請件数(予想:25.5万件、前回:26.8万件)

米国ダウは市場最高値 CFDも



writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2016年12月07日(Wed)▲ページの先頭へ
外為ジャパン
「少額1,000通貨」「手数料無料」「スプレッド0銭台」など、取引しやすいFX会社は増えていますが、それら3つの条件がすべてそろってい るのが外為ジャパン。少額からでも、デイトレなどアクティブなトレード手法で夢を目指すのに最適。







writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
DMM
FXもCFDも





writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
英国のEU離脱を巡る思惑でポンド弱含み
「英国のEU離脱を巡る思惑でポンド弱含み」

●6日のNY外為市場概況

6日のニューヨーク外為市場でドル・円は、113円73銭へ下落後、114円12銭ま
で上昇し114円05銭で引けた。米国の10月貿易赤字が予想以上に拡大したこと
に失望し一時ドル売りが優勢となったのち、10月耐久財受注改定値や製造業受
注が予想を上回ったためドル買いが再燃した。

ユーロ・ドルは、1.0749ドルから1.0698ドルへ下落し1.0720ドルで引けた。
欧州中央銀行(ECB)の定例理事会で緩和策維持を決定するとの思惑にユーロ
売りが再燃。
ユーロ・円は、122円41銭から121円94銭へ下落した。

ポンド・ドルは、1.2770ドルから1.2657ドルへ下落。英国の欧州連合(EU)離
脱に関する交渉が難航するとの懸念を受けたポンド売りが再燃した。

ドル・スイスは、1.0079フランから1.0115フランへ上昇した。

豪ドル・円は84円70銭から85円10銭で推移し、85円09銭近辺で引けた。

NZドル・円は、80円98銭から81円22銭で推移し、81円19銭近辺で引けた。

カナダドル・円は、85円56銭から85円94銭で推移し、85円88銭近辺で引けた。




●予想レンジ

ドル・円:113円50銭-114円50銭、ユーロ・円:121円70銭-122円70銭

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2016年12月06日(Tue)▲ページの先頭へ
リスクイベント通過でユーロ買い戻し
「リスクイベント通過でユーロ買い戻し」

●5日のNY外為市場概況

5日のニューヨーク外為市場でドル・円は、114円78銭まで上昇後、113円16銭
へ反落し113円84銭で引けた。米国の11月ISM非製造業景況指数が予想を上回り
ほぼ1年ぶりの高水準となったため債券利回り上昇に伴うドル買いが加速。
その後、債券利回りが低下に転じたためドル売りが強まった。

ユーロ・ドルは、1.0685ドルから1.0796ドルへ上昇し1.0764ドルで引けた。
イタリアの国民投票やオーストリア大統領選挙のイベント通過でユーロのシ
ョートカバーが継続。
ユーロ・円は、123円19銭へ上昇後、122円04銭へ反落した。

ポンド・ドルは、1.2698ドルから1.2745ドルへ上昇。

ドル・スイスは、1.0116フランから1.0051フランへ下落した。

豪ドル・円は84円84銭から85円55銭で推移し、85円09銭近辺で引けた。

NZドル・円は、80円86銭から81円52銭で推移し、81円34銭近辺で引けた。

カナダドル・円は、85円47銭から86円46銭で推移し、85円81銭近辺で引けた。



●予想レンジ

ドル・円:113円50銭-114円50銭、ユーロ・円:122円00銭-123円00銭



●本日のスケジュール

<国内>
・09:00 10月毎月勤労統計・現金給与総額(前年比予想:+0.2%、9月:0.0%)

<海外>
・09:30 豪・7-9月期経常収支(予想:-135億豪ドル、4-6月期:-155億豪ドル)
・12:30 豪準備銀行が政策金利発表(1.50%に据え置き予想)
・16:00 独・10月製造業受注(前月比予想:+0.6%、9月:-0.6%)
・16:30 南ア・7-9月期GDP(前期比年率予想:+0.6%、4-6月期:+3.3%)
・17:00 EU財務相理事会
・17:15 スイス・11月消費者物価指数(前年比予想:-0.2%、10月:-0.2%)
・19:00 ユーロ圏・7-9月期GDP改定値(前年比予想:+1.6%、速報値:+1.6%)
・22:30 米・10月貿易収支(予想:-420億ドル、9月:-364億ドル)
・22:30 米・7-9月期非農業部門労働生産性改定値
    (前期比年率予想:+3.2%、速報値:+3.1%)
・22:30 カナダ・10月貿易収支(予想:-20.0億加ドル、9月:-40.8億加ドル)
・24:00 米・10月製造業受注(前月比予想:+2.5%、9月:+0.3%)
・24:00 米・10月耐久財受注改定値(前月比予想:+2.0%、速報値:+4.8%)



writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
外為オンライン






writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
フルオートFX
いま話題のフルオートなら24時間稼いでくれます







writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2016年12月05日(Mon)▲ページの先頭へ
11月平均時給の低下を意識してドル伸び悩み
「11月平均時給の低下を意識してドル伸び悩み」

●12月2日のNY外為市場概況

2日のニューヨーク外為市場でドル・円は、114円21銭まで上昇後、113円33銭
へ反落し113円53銭で引けた。米11月雇用統計で失業率が9年ぶりの低水準とな
るなど、12月の利上げを後押しする結果を受けていったんドル買いが強まった。
その後、賃金の予想外の低下を受けて債券利回りが低下に転じたためドル売り
が再燃。

ユーロ・ドルは、1.0626ドルへ下落後、1.0681ドルへ反発し1.0666ドルで引けた。
ユーロ・円は、120円88銭へ下落後、121円60銭へ反発。

ポンド・ドルは、1.2618ドルから1.2738ドルへ上昇。ユーロ・ポンド絡みの買
いが加速した。

ドル・スイスは、1.0076フランへ下落後、1.0118フランへ上昇した。

豪ドル・円は84円33銭から84円82銭で推移し、84円64銭近辺で引けた。

NZドル・円は、80円63銭から81円27銭で推移し、81円06銭近辺で引けた。

カナダドル・円は、85円34銭から85円83銭で推移し、85円41銭近辺で引けた。



●予想レンジ

ドル・円:113円00銭-114円00銭、ユーロ・円:119円00銭-120円00銭


●本日のスケジュール

<国内>
・12:45 黒田日銀総裁が講演予定

<海外>
・10:45 中・11月財新サービス業PMI(10月:52.4)
・10:45 中・11月財新総合PMI(10月:52.9)
・16:00 トルコ・11月消費者物価指数(前年比予想:+7.40%、10月:7.16%)
・18:00 ユーロ圏・11月総合PMI改定値(予想:54.1、速報:54.1)
・18:30 英・11月サービス業PMI(予想:54.3、10月:54.5)
・19:00 ユーロ圏・10月小売売上高(前月比良そう:+0.8%、9月:-0.2%)
・22:30 ニューヨーク連銀ダドリー総裁が講演(マクロ経済予測など)
・23:11 シカゴ連銀エバンズ総裁が講演
・24:00 米・11月労働市場情勢指数(予想:-0.2、10月:0.7)
・24:00 米・11月ISM非製造業景況指数(予想:55.2、10月:54.8)
・ユーロ圏財務相会合


writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存



□プロフィール□
M氏 札幌在住

経歴:教員→食品会社IPO目指すが頓挫→ITベンチャー勤務→経営コンサル勤務→NPO活動スタッフ→教育機関
”三方よし〜客よし、会社よし、地域(地球)よし”
が信条
毎日つぶやいてます〜twitter
http://twitter.com/kikkakeman


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2016年12月
       

アーカイブ
2006年 (191)
3月 (7)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (11)
7月 (14)
8月 (33)
9月 (27)
10月 (27)
11月 (28)
12月 (36)
2007年 (94)
1月 (41)
2月 (27)
3月 (1)
4月 (6)
5月 (10)
6月 (9)
2008年 (48)
7月 (4)
8月 (12)
9月 (10)
10月 (9)
11月 (6)
12月 (7)
2009年 (65)
1月 (8)
2月 (4)
3月 (5)
4月 (3)
5月 (7)
6月 (6)
7月 (6)
8月 (9)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (10)
12月 (3)
2010年 (58)
1月 (7)
2月 (7)
3月 (7)
4月 (6)
5月 (5)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (4)
11月 (8)
12月 (6)
2011年 (43)
1月 (10)
2月 (11)
3月 (13)
4月 (7)
5月 (2)
2015年 (5)
11月 (2)
12月 (3)
2016年 (39)
11月 (7)
12月 (32)
2017年 (27)
1月 (20)
2月 (1)
3月 (3)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (1)

アクセスカウンタ
今日:19
昨日:116
累計:1,117,273