日本の教育は終わった?〜孫社長の考える教育とは カンブリア宮殿

孫の提唱する教育とは 




2011年02月19日(Sat)
日本の教育は終わった?〜孫社長の考える教育とは カンブリア宮殿
カンブリア宮殿〜



孫社長
「日本の教育は、7割が暗記重視で3割が思考・・僕(孫)はそのバランスを逆にすべきと思います。

暗記はよそがやっている事をマネする事、先進国に追いついて行く為には必要だった・・マネするだけで良かったのが高度成長期の手前からの状況・・ある程度、日本の社会が成熟してきたらマネではなく生み出す事が必要。

ビジネスモデルを新しく作る・・テクノロジーを新しく発明する・・生み出す方に行かないと先進国としてのポジションは保てない。

アメリカの学校教育は思考重視・・試験の時も辞書、教科書持ち込み自由・・暗記で溶ける問題じゃない考えて解く問題だからです。」

私も4年教員生活がありますが、教育はいくらでも熱を入れようと思えば際限なくできるし、手を抜こうと思えば抜けたし、どこまで学生の人生に関わっていいたよいのか何度も何度も考えさせられました・・・

でもいま思えば人様に「教える」のではなく。
「考えさせる」ことのほうがその人の人生に大きな好影響を与えるもとの確信に変わっています。

中国の故事から〜

魚を与えるのではなく (知識を教えるのではなく)
魚の釣り方を教える  (自分で生き延びるすべを考える)

孫社長の活躍期待しております。
SB社のアカデミアの教育を受けられる環境すばらしいですね。

twitterを登録しているかたはこちらのボタンひとつで紹介できます



facebookの いいね! はこちら




writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存



新着トラックバック/コメント


カレンダ
2011年2月
   
19
         

アーカイブ
2006年 (191)
3月 (7)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (11)
7月 (14)
8月 (33)
9月 (27)
10月 (27)
11月 (28)
12月 (36)
2007年 (94)
1月 (41)
2月 (27)
3月 (1)
4月 (6)
5月 (10)
6月 (9)
2008年 (48)
7月 (4)
8月 (12)
9月 (10)
10月 (9)
11月 (6)
12月 (7)
2009年 (65)
1月 (8)
2月 (4)
3月 (5)
4月 (3)
5月 (7)
6月 (6)
7月 (6)
8月 (9)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (10)
12月 (3)
2010年 (58)
1月 (7)
2月 (7)
3月 (7)
4月 (6)
5月 (5)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (4)
11月 (8)
12月 (6)
2011年 (43)
1月 (10)
2月 (11)
3月 (13)
4月 (7)
5月 (2)
2015年 (5)
11月 (2)
12月 (3)
2016年 (39)
11月 (7)
12月 (32)
2017年 (29)
1月 (20)
2月 (1)
3月 (3)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (2)
11月 (1)

アクセスカウンタ
今日:41
昨日:884
累計:1,164,387